ニュース

カーボンリサイクル関連技術の研究・実証支援制度 「HIROSHIMA CARBON CIRCULAR PROJECT」採択者決定

株式会社リバネス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 COO:髙橋修一郎、以下「リバネス」)が、広島県の委託を受けて運営する「令和4年度広島県カーボンリサイクル関連技術研究開発支援業務」における「HIROSHIMA CARBON CIRCULAR PROJECT(ひろしまカーボンサーキュラープロジェクト)」にて、9件の採択が決定されました。

【採択者一覧】

区分 採択者 研究内容
研究
単独型
広島大学
助教 津野地 直
カーボンリサイクル普及のための省エネ型材料の開発
広島大学
客員教授 太田 啓之
(株式会社ファイトリピッド・テクノロジーズ)
油脂高生産藻ナンノクロロプシスによる有用脂質生産
広島大学
助教 金 佑勁
カーボンリサイクルを目指した金属粉体燃焼技術
研究者
提案型
㈱ガルデリア 工場等廃棄物を利用した藻類によるCO₂固定培養とその活用
広島商船高等専門学校
准教授 大沼 みお
油脂生産微細藻類の水中屋外培養に関する実証実験
㈱ジャパンモスファクトリー 苔の水中培養によるCO₂分離回収技術の開発とその応用
県内企業
課題解決型
大成建設㈱ 製紙の行程で生じる炭酸カルシウムの活用
㈱ロータス・サーマル・ソリューション 環境配慮型コンクリート「CO₂-SUICOM」の炭酸化工程に必要な流体力学的解決法
広島大学
准教授 宮岡 祐樹
低温排熱を利用した熱化学水素製造

 

9件の採択者採択者に対して、最長2年間、最大2,000万円/件の研究・実証資金とリバネスのコミュニケーターによる研究ステップアップ支援を実施することにより、広島県内でのカーボンリサイクルに係る研究・実証事業の数を増加させ、カーボンリサイクル関連技術の社会実装を推進いたします。

 

【HIROSHIMA CARBON CIRCULAR PROJECT概要】

 広島県では、2050年までにカーボンリサイクルを本県産業の柱の一つとして育成し、県経済の発展、さらには世界のカーボンニュートラルに貢献することを目標に、カーボンリサイクルの「ファーストペンギン」になるべく、産学官連携や研究活動の集積に向けた取組に、いち早く着手しております。そこで、広島県は、更なる研究案件の発掘・開発を促進し、カーボンリサイクルの拠点化を図るため、県独自の「研究・実証支援制度」を創設し、研究資金とリバネスによる伴走の支援を行います。

・特設サイト: https://ld.lne.st/hiroshima/carbon-circular/ 

【今後のスケジュール】

令和4年9月14日 交付決定
令和4年11月 研究内容紹介イベント実施予定
令和5年3月 今回採択案件の令和5年度継続審査

 

問い合わせ:
担当:中島翔太、環野真理子、井上剛史
E-mail : [email protected]
TEL :03-5227-4198(株式会社リバネス)

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー